Page top

OMRON

社会システムJapan

オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

Primary Contents

逆走車両検知システム

高速道路のサービスエリアやインターチェンジで発生しやすい車両の逆走による事故。
こうしたトラブルを画像処理センサでいち早く検知し、ドライバーに警告することで、
事故を防止し、安全な道路環境の維持に貢献します。
  • カメラ画像から逆走車両を検知し、映像を記録します。
  • 逆走を検知した際には、警告表示板・回転灯・音声スピーカ等でドライバーに警告します。
  • 事務所に設置するモニタ装置で逆走車両データ及び交通量データを集計します。

イメージ図

システム構成例

システム構成例

仕様

画像処理センサ
一般・電気的仕様
入力電源 AC100V±10%、50/60Hz  
消費電力 300VA以下  
接地 D種接地  
周囲温度 -10℃~40℃  
相対温度 30%RH~85%RH 結露しないこと
外形寸法・質量 カメラ部 H165×W170×D270、10kg以下
制御部 H800×W400×D300、100kg以下
(単位:mm)
外形寸法は突起物を除く
質量は、取り付け金具を除く
設置場所 露天屋外(JIS C 0920保護等級3 防雨形)  
機能仕様
カメラ部 有効画素数30万画素以上 / NTSCカラー信号 / 被写体照度10ルクス以上
制御部
検知 逆走車両検知し映像記録(50km/h以下)
順走車両検知(80km/h以下)
車種判別(大型車両・普通車両)
その他 逆走車両を検出し接点出力・検知ログの蓄積
※周辺環境により検知性能を十分に発揮できない場合があります。

※本商品は、東京大学生産技術研究所の上條研究室で開発された時空間MRFを使用しております。

この製品の詳細についてお電話でのお問い合わせ 0120-762-066(平日 9:00~17:00)お問い合わせ