Page top

OMRON

社会システムJapan

オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社

OSSが描く未来の姿FUTURE

変化を自ら創り出す技術者へ
未来社会を共に創造しよう

技術創造センタ長 水野 誠

OSSの考える未来社会を、技術面からどのように実現しますか?

OSSのミッションは「世界中の人々が安心・安全・快適に生活できる社会を創造する」。その実現にあたって一番の課題は、労働者人口の減少だと思います。これまでより少ない人数で、同質以上のサービスを提供するには、人が担っていた労働を技術によって代替しなければなりません。当社にはFAの領域で培ったオートメーション技術があります。私はその技術を社会分野で活用することで労働力を補い、人は、「心」のサービスに特化することが、「安心・安全・快適」な社会をつくるために必要なことだと考えています。

IoT、AIが普及した社会では、さまざまなデータを集めることが可能です。オムロングループが得意とするSensing&Control+Thinkの技術を活用すれば、データによって社会の動きを見える化できるだけでなく、データを分析し、起こりうる事象を予知することによって最適なサービスを提供できると考えています。それは、自動運転やロボットによって、従来から一歩進んだ省力化、自動化を実現できるチャンスでもあります。当社は、Sensing&Control+Thinkにロボットを加えた社会の新たなオートメーション「ソーシアルオートメーション」を実現したいと考えています。

OSSの強みはどこにありますか?

人の流れ、車の流れ、お金の流れをとらえ、制御する技術だと思います。緻密にセンシングするだけではなく、そのデータをどのようにとらえるか、流れをとらえるかということが大切です。当社には、それを可能にする高い技術と、新しい社会的課題を見つけ出し、つかみ取ることのできる人材があります。

どのような技術者を求めていますか?

センシング、AI、データマイニング、ロボティクスなど、将来の事業を創造するコア技術を担う技術者と、既存事業を支えるエレキ、メカトロ、組込ソフト技術者の両方です。今後はAIの技術がないとお客様に価値を提供することができません。AIを深めるためのデータ取得の手段として、IoTやセンシングの技術も重要だと考えています。現場に入り込み、新たな社会課題をつかみ取り、その課題へ果敢に挑戦する意志と熱意を持った技術者に、ぜひ当社へ来てほしいと思います。

今後、より力を入れたいのがロボティクスの分野です。当社には、券売機などで培ってきたメカトロの独自技術もあります。ロボットは、メカトロ、センシング、AIなど、幅広い技術の集大成です。これらの技術を活かしてロボティクスに取り組む意欲のある技術者を求めています。

伸びる技術者は、興味の範囲が広いと感じています。自分の専門以外の技術や、技術以外の雑学や趣味にもアンテナを張り、幅広く興味を持っている技術者は、人が見過ごしてしまうことをヒントに変えることができるのではないでしょうか。

技術者の成長や満足につながる環境はありますか?

当社の手がける事業はいずれも大きな変革期にあるため、新たな次世代のソリューション創りに挑戦する機会がたくさんあります。リアルな仕事の中で果敢にチャレンジすること、それに勝る成長の機会はないと思います。失敗こそが技術者を成長させます。私自身も、振り返ると、大きな失敗の経験によって今の考え方のベースが作られたと感じます。

オムロングループの先端技術の研究や開発を行う技術・知財本部へ2、3年間出向する制度も設けています。若い技術者に、技術に没頭できる環境で「技術を生み出す」ということについて存分に学ぶ機会を、これからも提供したいと考えています。

OSSで技術者として働くことの魅力はなんでしょうか?

当社の商品は、多くの方に利用されているシーンを直接見ることができるものが多く、社会に役立っている実感を強く持つことができます。誇りや自信を肌で感じられることは技術者としても魅力です。

社会は大きく変わっていきます。変えるのは、これから社会で生きていく若い人たちです。自ら変化を創り出すような仕事をしましょう。我々と一緒に、未来社会を創造していきましょう。